大阪府下の不動産鑑定等は、うすい鑑定へ

業務案内

  • HOME »
  • 業務案内

不動産鑑定評価書の発行を主としながら、案件の内容に応じた意見書等の発行も行っています。

また、弊社代表は、各種講演会・研修会等についても多数実績がございますので、セミナー講師等につきましても随時承っております。

不動産鑑定評価書とは?

鑑定評価書(簡略に『鑑定書』と言われる場合も多いです)は、不動産鑑定士が、評価対象不動産について、適正な価格(又は賃料)とその価格決定に至った理由をまとめた文書です。

鑑定評価書の作成は、国土交通省の定める『不動産鑑定評価基準』に則って行われ、裁判などでの立証資料としても使用されるものです。

基本的に、どこに提出しても間違いの無い物ではありますが(←『基本的に』とした理由はこちら)、
・鑑定評価基準等における各種要件を満たす必要があること
・証拠力を十分に担保するために、資料収集・文書の作り込みに時間・労力がかかること
により、報酬料も一定の水準となり、使用目的によっては費用対効果に劣る場合も出てきます。

弊社では、ご利用目的により、評価報酬に差を設けるとともに、ご利用目的に合わせた意見書の作成も承ることで、ご依頼者様のニーズにお応えいたします。

弊社発行の鑑定評価書の特徴
鑑定評価報酬規定
ご依頼の際の手続き・納期等

意見書とは?

鑑定士が、不動産及び不動産市場について、職業専門家としての立場により意見を述べた文書のうち、『不動産鑑定評価書』に当たらないものを指します。

鑑定評価書とは異なり『不動産鑑定評価基準』に則って行われる物では無いことから、証拠力等の観点からは鑑定評価書に劣りますが、
・費用対効果の点から鑑定書の取得が難しい場合
・対象不動産の確定が困難等で、鑑定評価書の作成が困難な場合
・適正価格(賃料)以外の内容について、職業専門家の意見が必要な場合
等には、意見書での対応が有効になる場合が有ります。

弊社が通常業務として発行している意見書には、以下の物が有るほか、ご依頼目的等に応じて、オーダーメイド的な意見書の発行も承っております。

税務上の広大地判定にかかる意見書
弊社発行鑑定書にかかる時点修正の意見書
建物の経済的残存耐用年数の判定
他社発行の鑑定評価書に対するレビュー
金融機関提出用の意見書(セカンドオピニオン)
係争等の資料としての簡易評価
居住用不動産の価格水準にかかる意見書(エンドユーザー様向け物件調査レポート)

地主様向けサービス

相続やご親族の高齢化の中で、代替りされた地主様から、様々なご相談を受ける機会が増えて来ております。ご相談の内容は多岐に渡るのですが、共通する項目が多々あるのも事実です。

このような状況の中で弊社では、他の専門家(弁護士・税理士・司法書士・土地家屋調査士)と連携し、パッケージサービスを提供させていただいております。

もちろん、レディ・メイドの物ではなく、オーダー・メイドのものにも対応させていただきますが、一度下記のページをご覧頂ければ幸いです。

大阪の地主様向けサービス

セミナー講師について

弊社代表者(碓井)は、公益社団法人日本不動産鑑定士協会連合会の実務修習講師・資格専門学校(株式会社TAC)の不動産鑑定評価理論講座の講師も担当している他、各種セミナー講師に関しても豊富な実績を有しております。

過去に行ったセミナー(一例)
・阪神間の地価動向(収益不動産の動向も含む)
・資金調達と鑑定評価
・今、REITを振り返る~過去から将来展望へ
・営業ツールとしてのIRR分析
・借家立退料の基礎知識

ご依頼に応じた内容のセミナーを、オーダーメイドで提供させて頂きますので、お気軽にお問い合わせください。

尚、講師料に関しましては、90分間のセミナーで5万円(+税)を基準とさせていただいております。

なお、ご依頼を受けてから講義までの期間につきましては、内容にもよりますが、1ヵ月程度の準備期間を頂いております。

お問合せはフリーダイヤルで(携帯も利用可) TEL 0120-13-9977 受付時間 9:30 - 18:30 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社 碓井不動産鑑定士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.