大阪府下の不動産鑑定等は、うすい鑑定へ

鑑定評価報酬

うすい鑑定の料金体系(鑑定費用)

鑑定評価報酬(鑑定費用)につきましては、弊社では一般的な『物件価格連動型』の料金体系(=発注の段階では報酬額が不明瞭)ではなく、以下の通り『原則定額性』の料金体系を採用させていただいております。

もちろん、不動産は特殊性がございますし、ご利用目的に最適な鑑定書をご提案させて頂く中で、報酬額が上下する可能性はございますが、一つの目安にして頂ければと存じます。

◆価格評価について

一般鑑定 係争前提※1 融資資料※2 賃貸等不動産※3 自己居住用※4
更地・底地・土地建物 40万円+税 60万円+税 30万円+税 20万円+税 20万円+税
借地権・農地・林地 60万円+税 80万円+税

※ 固定資産税評価額50億超の物件・ホテル等特殊案件・権利錯綜案件等は、別途協議させて頂きます。
※ 大阪府下以外の物件につきましては、別途旅費・宿泊費・資料収集費等の追加費用が発生する可能性が生じます。
※ 開発図面が必要な場合、上記に10万円+税を加算させて頂きます。
※1.係争等の中で、別途意見書等が必要になった場合は、内容に応じて協議させて頂きます。
※2.資金調達目的で、金融機関に提出する鑑定書です。
同目的に必要十分な内容の定型フォーマットを作成することで、低コストを実現しました。
※3.賃貸等不動産の時価開示の際に必要となる鑑定書です。
同目的に必要十分な内容の定型フォーマットを作成することで、低コストを実現しました。
※4.固定資産税評価額5千万円以内の戸建住宅・分譲マンション(一室)に関する鑑定書です。
費用対効果に鑑み、鑑定書記載内容を必要最小限に抑えることで、コストを抑えております。

◆賃料評価について

一般鑑定 係争前提※1
新規賃料(家賃・地代) 60万円+税
継続賃料(家賃・地代) 80万円+税 100万円+税

※ 固定資産税評価額50億超の物件・ホテル等特殊案件・権利錯綜案件等は、別途協議させて頂きます。
※ 大阪府下以外の物件につきましては、別途旅費・宿泊費・資料収集費等の追加費用が発生する可能性が生じます。
※1.係争等の中で、別途意見書等が必要になった場合は、内容に応じて協議させて頂きます。

お問合せはフリーダイヤルで(携帯も利用可) TEL 0120-13-9977 受付時間 9:30 - 18:30 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社 碓井不動産鑑定士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.